交通事故被害者が知っておくべきこと
それは、加害者側の保険会社は多くの場合、
とても低い金額で示談をしようとしているという事実

このことを知らずに示談をしてしまう被害者がとても多いです。

しかし、このサイトに訪れたあなたは、この事実知ることができました。

是非、交通事故被害者が知っておくべき情報を入手し、
怪我で失った時間・お金、これからの治療費などのためにも、
せめてまっとうな示談金だけは受け取ることをしてください。

人気のある記事

最近の投稿

交通事故の被害者が知っておくべき真実

交通事故の被害者は、加害者側の保険会社にうまく低い金額で示談を結ばされることが多いのは知っていますか?

1

加害者側からある示談提示の相場

交通事故の被害者は、加害者側の保険会社にうまく低い金額で示談を結ばされることが多いのは知っていますか?

加害者の保険会社が言ってくる示談金ってどれくらい?

加害者はいったいいくらいくらいの提示をしてくるのでしょうか。

加害者側の提示の相場

2

本来被害者がもらうべき交通事故示談金の相場

交通事故の被害者は、加害者側の保険会社にうまく低い金額で示談を結ばされることが多いのは知っていますか?

交通事故被害者は是非知っておきましょう

交通事故被害者は加害者の保険会社が言うままに示談をしてしまうケースがとても多いです。しかし実は、被害者が本来もらうべき示談金の相場はこんなに高いのです。

被害者がもらうべき示談金相場

3

交通事故の過失割合

交通事故の被害者は、加害者側の保険会社にうまく低い金額で示談を結ばされることが多いのは知っていますか?

交通事故での過失割合について

追突事故では加害者側の保険会社も過失割合が加害者100:被害者0ということに異論をいうことは少ないのですが、追突以外では、多くのケースで過失割合が被害者にもあると言ってきます。

交通事故の過失割合について

4

交通事故で後遺障害が残ったら、示談金がとても大きくなる可能性が高いことは知っていますか?

交通事故の被害者は、加害者側の保険会社にうまく低い金額で示談を結ばされることが多いのは知っていますか?

後遺障害が残ったら、加害者に後遺症についてきちんと請求しましょう

交通事故で後遺症が残ったら、必ず知っておきたいことがあります。これをしらないと物凄く損をします。

交通事故で後遺症(後遺障害)が残ったら

信頼できる専門家の紹介

交通事故被害者側専門弁護士

交通事故被害者側専門。そして相談件数、解決件数、ともにトップクラス。

被害者のために闘ってくれる。被害者側専門の交通事故弁護士

死亡事故、高次脳機能障害、脊髄損傷などの重症案件に強く、しかし被害者が交通事故賠償で不利にならないため交通事故に遭った直後から専門的なアドバイスをくれ、他の交通事故弁護士ではフォローしてくれない通院中や症状固定時の後遺障害等級獲得なども豊富な事例によるノウハウをもとに、暖かく、結果を追求した徹底した弁護をしてくれます。

交通事故 弁護士

症状別で気をつけること

交通事故の後遺障害で後遺障害等級獲得のときや示談交渉のときに気をつけるべき交通事故損害賠償のポイント

高次脳機能障害
脳挫傷、頭蓋骨骨折など、事故で頭を強くうって意識をなくした方。見た目は事故前と同じようでも、事故後の様子がどうもおかしい。そんなことありませんか?もしかすると高次脳機能障害という後遺障害かもしれません。
脊髄損傷
脊髄損傷、頸髄損傷、胸髄損傷、腰髄損傷、仙髄損傷、中心性脊髄損傷など、後遺障害等級1級から後遺障害等級12級などに該当する可能性が高いです。
遷延性意識障害
大脳の広範囲に損傷が生じて、植物状態と呼ばれる状態になってしまった場合。
複合性局所疼痛症候群
CRPS(RSD)。正常だと知覚神経→後根神経節→脊髄後角と伝達するのが、 交通事故の怪我により神経内で発芽した繊維が後根神経節に作用するなど、 患部の激しい疼痛などを生じます。後遺障害等級7級から12級に該当する可能性があります。
関節機能障害
関節が硬直、関節の可動域制限、動揺関節、人工骨頭など、交通事故の怪我による関節の機能障害。後遺障害等級4級から後遺障害等級14級が認定される可能性があります。
眼の後遺障害
調節機能障害、眼球の運動障害、視野障害、まぶた、まつ毛、瞳孔の異常など、失明した場合の後遺障害等級1級から、後遺障害等級14級まで認定される可能性があります。

問合せ

交通事故被害者の個別具体的な法的に責任を持った回答はいたしかねますが、何かございましたらお気軽にお問合せください。